わがはいはゆとりである

通勤時間が伸びたのではじめました。

ダブルバトルで燃える明日の話

ねむい。ねむいです。

まだ火曜日とは…驚きですね…もう金曜日でもいい…。

 

先週末に大学の友人2人が泊まりにきてくれました。わざわざ。立川まで。仕事終わりに。

すごいなあ。行動力と体力がすげえ。

 

メインはポケモンバトル。

 

友人2人は発売日にポケモンを買ってやってたんですけど、私と彼氏はつい最近ブームが来てやっと全クリしたので今燃えてて、友人2人が来てくれると言う話になった瞬間に !ピコーン でした。あの、トレーナーと目があったらなるやつ。チャラララララララのやつ。

 

私、サンの前ってソウルシルバーしかしたことなくて、というかそもそもポケモンで誰かと通信バトルする文化が無くて、ほぼ初めてバトルしたんですけど、ほんとめっちゃくっちゃ楽しいですね。

 

特にダブルバトル、控えめに言って超楽しい。

 

2人ずつに分かれて戦うんですけど、どんな作戦で行くか、どのポケモンを活かすかを考えて2人で選ぶのも楽しいし、実際に戦うのもめっちゃ楽しい。

ストーリーでは全然強くないポケモンが強かったり、全然役に立たない技がキーになったり、「こ、これがポケモンの…楽しさ…!」って感じでした。

 

任天堂は本当にゲーム会社って感じがします。

 

話は逸れますが、今わたしスプラトゥーン2同梱版のswitchがほしくて仕方なくてめっちゃ探してるんですけど、まあ無くて、そもそもswitchもなくて、なんでswitchこんな無いんだ!!って思ってswitchのこと色々調べたんですよ。

 

ハイパー魅力的でしたね。

任天堂は、ファミリーコンピュータの時代からゲームでやりたいことがブレてない気がする。

 

普段、PS4FPSみたいな殺伐としたゲームばっかしてるからかもしれませんけど、任天堂のゲームは、ゲーム自体が持ってる熱量がすごい。

 

なんというか、任天堂のゲームは生きる力になる気がする。

 

ポケモンもそうだし、ピクミンとか、マリオ、ゼルダもそうですけど、なんでかわかんないけど、生きようって思える。なんでもない日常にわくわくが足されて、たのしそうって思える。

 

Wii Uとswitchで出たゼルダ新作のアマゾンレビューに、1つ素晴らしいのがあります。同世代には是非読んでほしい。何回読んでも目に水が溜まってしまう。

(リンク→ https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B01N12HJHQ/R3HOFXJ0XCN4F4/ref=cm_cr_dp_mb_rvw_1?ie=UTF8&cursor=1 )

 

話を元に戻します。

 

私の彼氏と友人1人は厳選厨で、特に彼氏はパラメータもせいかくもとくせいも全部揃うまで永遠に牧場し続けるタイプなんですよ。ずっと卵孵化させてる。(酷いと思って見てる)

 

一方わたしともう1人の友人は、サトシタイプで、出会ったポケモンが運命の相手だと信じて一緒に成長していきたいという考えから非厳選派なんですよ。(決め台詞は「愛の力を信じてる」)

 

厳選派はやっぱ強いんですけど、厳選厨vsサトシ派のチームに分かれて戦った時とかにやたら技が当たらなかったり、体が痺れて動けなかったりして、サトシ派が勝ったりするんですよね。

 

もう、超楽しい…!!!!って感じでした。

 

しかしダブルバトルで燃えてみると、厳選派の気持ちもわかるんですよね。

 

同じポケモンでも、個体と育て方によって全然ちがう戦い方ができて、確かに厳選することで、その種の最大限の力を活かしてあげたりできるのかなと。

(実際、ポケモン世界大会でパチリスを使って優勝した日本人がいたらしい。きっと、どうやったら大好きなパチリスで勝てるのかと考えまくって育てた子なんだろうなあと。それはそれでもうとてつもない愛だよねえ。)

 

厳選派のことは、ポケモンを戦う道具としか思ってない醜い人間どもめ…って思ってたりしたけど、愛の形は様々だなあと。何事も主観だけで捉えてはならんなと思いました。

 

最近は子供のゲーム時間が問題になったりしてて、確かにゲームばっかりして育つのは勿体無いと思うけど、ゲームをやらずに育つのも同じくらい勿体無いと思う。

 

日本に、この時代に生まれてよかったと、心の底から思えるようなものを作れる、任天堂はすごいよ。ありがとう。

 

ワクワクを忘れた大人達、是非みんなでポケモンを持ち寄ってダブルバトルをしてくれ。

 

そしてヤマダ電機にswitchが売ってないか見に来ました。ありませんでした。チクショー!!!

電車に乗ると気持ち悪くなる話

こんばんは。吐きそうです。

最近電車に乗ると気持ち悪くなります。

乗るまでは全然平気なのに。

 

なんだこれと思って調べたら、ストレス説が濃厚に。そういえば口角炎もしつこいし、はじめて歯茎に口内炎ができた。これが…ストレス……!!

 

4月の人事異動で直属の上司が変わったんですけど、地方から出向で来た人で、郷に入っても郷に従わないし、自分のやり方を通そうとするし、ここではこうやってたんですけど〜って言うと「俺が上司になったんだから俺の言うこと聞くのが当たり前じゃない?」って言うタイプで、日々頼むから鬱になって休職してくれと感じている。

 

何でも立場で判断したりするところも無理だったのに、見た目も無理、話し方も無理、言い方も無理、全部無理になって、死ねまで言わんけど地方に帰ってくれと心の底から思う。

このせいでもこのせいじゃなくても、全部の悪いことをこのせいにしたいくらい無理。

 

なんでこんなやつがその歳まで生きてこれたのかなというきもち。絶対シュレッダーが満タンになっても下の袋変えないタイプ。(一番無理)

 

後輩に「社会人になってこんなこともできないの?」みたいなこと言ってたけど(この発言も無理)、今日自分が休みのくせに毎日やらなきゃならないルーチンワークを誰にも頼んでなくて、朝一にやらねばならんことを誰もやってないことに昼前に気付いて、お昼休み返上してやることになって(殺意)、社会人それだけの間やって自分が休みとるときに自分の仕事を誰かに頼むこともできないの????????というきもちで、居ても居なくても無理だった。(結論)

 

なんでもないことをパワハラ、セクハラ、モラハラで訴える人の気持ちも今ならわかる。

具体的にどの発言がとかじゃないんだなあ。もう態度全てがそうなんだよなあ。

 

今セクハラって打って思ったけど、移動前の部署に電話して「鈴木さん合コンセットしてくださいよ〜」とか発言してるのとか、日々の服にコメントをつけてくるところとか、「可愛い女の子に生まれて女の子に抱きつきたかった」とかいう話をしてくるところとか、ひっかけようと思えば全部引っ掛けてもっていけそうな気は既にするな…。

 

世の中のおじさま達はきっと過剰なくらい気を付けておられる方が多いと思いますが、普通はみんな、別に何を言われてもセクハラだと思わないと思います。

でも普段から理不尽なことが多くて、権力の構造上自分に抵抗できることはなくて(潰されて)、その時の最後の手段として出てくるのが人事への訴えであり、その際にあれもこれも悪い方に繋がるようにくっ付けて話してしまうというのは大いにありそう。

 

実際今わたしも、これを打ちながら、なーんだ手段持ってるじゃ〜〜んというきもちに変わりつつある(╹◡╹)

そして気持ち悪くなくなってきた。気持ちというものはすごいものだなあ。

 

帰ったら牛乳を飲みながらお風呂に浸かります。風呂は命の洗濯よってミサトさんが言ってたけど、ほんとにね。お湯に浸かるだけで気持ちがあんなに和らぐのはなんなんだろうね。

 

ちなみに前回の記事の、FLMから友人を救う計画は失敗しました。もはや逆ギレだった。エゴでは友人は救えなかった。

なんの言葉も届かなくて、言葉を持つ意味すら考えた。

 

http://networkbusiness-review.com/networkreview/archives/516

この記事を読んで、徐々に常識が削られていくというのを心の底から感じてしまった。

もはや私が思ってる常識は向こうには一切通じない。

もどかしいことこの上なかったです。

 

上司のあれこれもそうだと思うんですけど、冷静になればわかることなのに、それが分からない人もいるし、それが分からなくさせられてしまうこともあるんだなあと。

 

自分を客観視する難しさをしみじみ感じたけど、でも客観視しないといけないということもとても感じた。

 

人間とはちっぽけなものですね。

友人をFLMとかいうネズミ講から救いたい話

ねむいですね。まぐろです。

ただいま絶賛帰路なうです。なお関西まで。実家に帰宅予定。遠いねえ。長いねえ。

定時退社してもお家に着くの22時です。

それでも仕事終わりに帰れる距離だから大丈夫だよと、5年前の私に言いたい。

 

半年くらい前に、フリーターの友人に会った時に「ネットビジネスを始めた」と報告を受けました。

 

何を隠そう小学生の頃からインターネットに触れてきた私は、当時ハマっていたハンゲームというサイト(今もあるの…?)で、アバターに課金したくてしたくてたまらないけど小学生のお小遣いでは無理で、広告をポチポチ押したりお買い物サイトに登録したりしてポイントを稼いでそれをネットマネーに変えるというサイトで月500円とか稼いでいたことがあって、勝手にそういうものを想像して「そうなんだ〜」としか思いませんでした。

 

よくよく考えるとこの年の人間が月数百円から数千円のものをビジネスと呼ぶわけなかった。

 

その報告を受けた日から時間が経つにつれ、その友人のラインのタイムラインやツイッターで、いかにも意識高い系です!みたいな書き込みが増えていって、ザワ…ザワザワ……

 

もしかしてこれツイッターとかでスパム報告されるみたいなやつなのでは?と気付いて、その友人を知る別のオタク友達2人に相談しました。

 

友人の書き込みを元にネット歴15年を超えるオタクたちが15分ほど捧げた結果、友人がやっているものはFLM(フューチャリングマルタ)というものであることが判明。

 

そしてFLMとは?ってなって見つけた記事がこちら→http://papillonimanishi.xyz/flm/

 

つまりはネズミ講に手を加えてグレーゾーンに持っていきましたみたいなやつでした。

 

やはりやばいやつだ……!ということで止めようってなり、その時にいたオタク3人の中で友人と1番仲のいい私が友人と会うことになり、1ヶ月前くらいに会いました。

 

とめられませんでした。というか、止めていいのか分からなかった。

 

もちろんそのネットビジネスの話を中心に聞いていたのですが、友人が今抗うつ剤を処方されていることや、先週はその副作用で全然ご飯が食べられなかったこと、遠距離の彼氏がこっちこればって言うけど、仕事もお金もないまま行くことはできないということ等、関係ない話ももちろんいっぱい聞きました。

 

なんとなく、就活を思い出しました。

私は大学では歴史を学んでいました。お金にならない勉学だと言われ、その自覚もありましたが、なくてはならない学問だと思っていたし、お金になる学問が全てだと思ったことはありませんでした。たくさん遊んだし、たくさん寝たけど、でも168単位取得して、古文書も読めるようになって、古文なんて訳がいらなくなったりして、自分のやってきたことにある程度自信を持っていました。

 

それこそが強みだと思っていたので、就活のとき、それを全面に出して出版社を中心に狭き門を叩きました。

 

だけど駄目だった。最高結果は二次面接でした。

 

卒業単位数に届くか危うい中国語学科の元彼が第一希望の会社に内定をもらった時は大泣きしました。私のやってきた4年間は、こんなに価値のないものだったのかという気持ちと、こんなに頑張ってきたのに何も頑張ってこなかったやつに抜かれるのかという劣等感。

 

どれも今思えば酷く自分勝手な思い込みですが、本当にそう思っていて、一旦就活をやめようと決めました。

 

余計な気遣いや心配が欲しくなくて、みんなに「どうでもいいところが一つ決まった」とだけ話して、なるべくみんなの進路の話は聞かないようにしていました。

(その後なんだかんだで今の職場に入りました。なんの不満もないです。今の上司は死ね)

 

仕事を辞めてからの友人が、あの頃の私と似たような気持ちを感じているのではないかと、考えてしまって。

友人が仕事を辞めてからも遊ぶたびに仕事場の話をしていた自分も、彼女に多大な重圧をかけてしまっていたのではないかと。

 

毎日行かなければならない職場があって、毎月お給料が入る私が、どんな言葉を掛ければいいのかわからなくなって、何も言えずに帰ってきてしまった。

 

それから、事あるごとに「なんとか止めないと」「連絡しないと」と思うのですが、私の言葉が届くだろうか?余計追い詰めて、鬱をひどくしたりしないか?という気持ちが大きくなって、ずっと連絡できないままでした。

 

そしたら今日数人から急に「たすけて」という連絡がきました。

みんな、友人からFLMを勧める内容のラインが来て、まぐろ何か知らない?彼女大丈夫なの?という話でした。

 

ついに、自分の友達も勧誘するところまで来てしまったのかと感じました。

 

友人からラインが来た人たちが、私に連絡して確認するというのは、彼女が積み上げてきたものが信頼という形でみんなの中に確実に存在するからだと思います。

それをFLMなんかに壊されてたまるか。

 

誘われた友達と共に、友人を止めることにしました。

先ほど投げたウキが沈んだので、あとは勝負です。引っ張りあげたい。私のエゴだけで、引き戻したい。

 

友達という存在が何たるかは、人によって結構差があると思います。

私は、自己中でわがままでめんどくさがりでマイペースなオタク野郎ですが、とてもいい友達ばかりで、友達無しにはこの年まで生きてこられなかったと、本気で思います。これからもそうだと思います。

 

銀魂の桂が「友一人救うこともままならんわ」と言っていたあの言葉の意味、今はよく分かる。

 

友だからよりままならんのだ。救うことが。

傷付けるのがこわい。なるべく肯定してあげたい。

だけどこれ以上はだめだと思うから。

 

お金で買えるものは山のようにあるし、お金はないと生きていけないけど、お金によって失うものが、お金で買えないもののときは、それはきっと間違ってる。

 

友人をFLMから救いたいという、私のエゴの話でした。

せめて彼女が大切な気持ちだけでも、なんとか届けられたらいい。

引っ越したら通勤時間が倍になった話

はじめまして。まぐろです。

一番好きな食べ物は揚げ出し豆腐、一番好きな飲み物は牛乳です。

好きなことは食べること、ねること。

趣味はけっこういっぱいあります。

 

誰なのか気付いてもそっとしておいてね。

 

ゴールデンウィーク初日に綺麗で広いおへやに引っ越しました。

めっちゃなんやかんやあって3月10日に付き合った彼氏(33歳)と一緒に。

 

前住んでたところがオンボロなのに更新料がめっちゃ高くて、更新したくね〜〜って話してたら一緒に住む?みたいになって半分冗談くらいの気持ちでずっと住みたかった立川にお家を探しに行ったその日に契約まで話が進んでしまって、我ながら人生の急加速っぷりに笑ってしまった。

笑えたからいいか。

 

そんなこんなで立川に引っ越しました。

すごくいい街ですね、やっぱり。思ってたよりもディープなところも多いみたいですけど。

 

立川に引っ越したら通勤時間が倍になりました。中央線激混みですね。でも中央線沿線の街魅力の固まりすぎて、ぜんっぜん嫌いになれないね。

 

彼氏とポケモンしながら一時間くらい、人と電車に揺られていく日々がはじまりました。通勤時間が倍になっても疲れはあんまり変わらんくて不思議。遠くなった方が遅刻しやん不思議。

 

結局何もかも自分次第だと引っ越す度に気付く。(どこに住んでも遅刻する)

遅刻することを、家が遠いせいにしてみたり電車が止まるせいにしてみたり、遅刻以外も、自分が悪いことなのに他のところに原因を求めがちだけど、結局他に原因を探してもそれを直せるわけないんだから、自分を改めるしかないと気付いた。改めるのは難しいけど、でも自分のことは自分にしかできないんだよね、最終的に。

 

(なお、今は彼氏が私の低血圧を改善しようと日々朝ごはんを食べさせてくれます。ありがとう。)

 

話はそれましたが、そんなこんなで通勤時間が倍になって、一人で帰る帰りの一時間が暇なのでブログはじめました。

 

ほんとうはインスタを始めようと思ってたけど、キラキラしたああいう世界に馴染めるタイプじゃない気がするしご飯の写真しかとらないので向いてないと思った。(笑)

 

どうでもいい話をさせてください。

中学生以来だけど、ブログっていいね。いい文化だね。

よろしくお願いします。