わがはいはゆとりである

通勤時間が伸びたのではじめました。

【1本目】森永のおいしい牛乳の話

No.1 森永のおいしい牛乳

f:id:salmooooons:20170516185936j:image

味:★★★☆☆

飲みやすさ:★★★★☆

濃さ:★★☆☆☆

 

 

どうせ牛乳を日々飲みまくるなら牛乳レビューをしてみようじゃないかと思い付いたのではじめます。

 

初回は 森永のおいしい牛乳。私の家の近所のスーパーで安売りされていて、181円でした。一般的には200円前後かと思います。

こちらは生乳100%の牛乳です。

 

牛乳として売られているものの中にも種類があるのをご存知かと思います。厚生労働省が省令として、それらの区分を明確に決めています。

(こちら→http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26F03601000052.html)

 

牛乳をどう欲しているのかによって、選び分けてもいいかもですね。どうでもいいですが、私は牛乳派です。

 

森永のおいしい牛乳の話に戻します。

 

紺色の入れ物の牛乳ってスーパーではあまりないので、目に留まりますね。そして大体どこのスーパーにもある。大手〜〜!!

 

味は、キャッチコピーの「コクがあるのに、後味すっきり」の通りだなと思います。

具体的には、口に入れた瞬間は、あ、これは牛乳だな、と感じる程度の濃さなのですが、飲み込んだ後は乳飲料では…?と言った薄さ。すっきりといえばすっきりかもしれません…。

飲みやすいようにしたのかな…?なんだか勿体無いなという感じがします。

コクとすっきりさをどちらも求めるあまり、どちらも感じるけど、どちらにも惹かれないレベルになってしまっていると思います。そもそも牛乳飲んで後味すっきりを求める人っているのか…🤔?

 

でも牛乳嫌いな人だとそうなのかな…?

あ、お風呂上がりとかはいいのかもしれない。

 

しかし特にクセもなく飲みやすいですし、「この牛乳は飲めない」という人はいないのではないかなと。万能タイプなのかもです。

 

特段安いわけではないのであれですが、シリアルに入れるには最適かなと思います。特に牛乳が甘くなるタイプのシリアル。

フルーツグラノーラにもよく合いました。安売りしてる時に手に入れた際はオススメです。

 

なおパッケージはダサ可愛くて好き。